奥野かるた店について

奥野かるた店について

ABOUT

百人一首、かるた、花札、碁将棋、すごろく…。
みなさん、どれかで一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。
奥野かるた店は、そんな“あそび”の数々を扱っているお店です。

奥野かるた店は1921年(大正10年)に、「奥野一香商店」として創業しました。
昭和54年に、神田・神保町の現店舗に移転し、一般消費者への販売も拡充しました。
2009年11月に店舗の2Fを改装し、ゆったりとした展示スペースもできました。
メーカーとしても、奥野オリジナル商品の開発を行っています。
弊社店鋪では、かるたや百人一首、トランプを始めとする国内外のカードゲーム、
囲碁、将棋、麻雀牌、チェスやパズルといった室内ゲームなど、広範囲に室内ゲーム品を取り揃えております。
みなさまのご来店を心よりお待ち致しております。

The Okuno karuta-ten” is a store handling many indoor-games implements including the karuta which is a traditional card game of Japan. An enterprise was inaugurated as a Okuno ikkyou-syouten in 1921. After transferring to the present store in Kanda Jimbocho in 1979, the sale to general consumers is also expanded, and the Okuno original goods are developed also as a maker.
I have arranged many card games which an adult and a child can enjoy together, card games Please take a look and find your favorite.

奥野誠子
奥野かるた店は、2021年に創業100年を迎えます。

お正月の季節商品として馴染み深い「カルタ」。今では家族が集まってカルタゲームに熱中するのもお盆やお正月くらいになってしまいました。
ここ奥野かるた店では、1年を通してカルタをはじめ、ボードゲームやパズル、囲碁・将棋の駒類を取り扱っています。遊び場を限定しない気軽さと、幅広い年齢層に楽しんでもらえるところが、魅力です。
カルタ遊びを通じて子どもは言葉を覚え、ルールを学び、またやり取りを通じて様々な人たちとの交流を深めることができます。カルタは年齢を越えたコミュニケーションの仲立ちをしてくれるのです。さらにカルタには、短文でありながら、物語を的確に伝える良さがあります。
カルタ遊びが親から子、子から孫へと受け継がれていくのと同じように、私も先代、先々代から継がれていることを崩さず守っていきたいと思います。

代表取締役社長 奥野誠子

遊びと知識の宝庫です。

かるたやカードゲームはその単純さゆえに遊び方は無限です。
当店の商品は皆様のお家でオリジナルのルールを作り、やさしくもむずかしくもレベルを変えて楽しく遊べるよう工夫されております。さらに、遊びながら自然に知識も身についてしまうのです。例えば魚一つ取っても、このように様々な角度からの情報が盛りだくさん。科学的な正確さと自由な発想を大事にして作ったこだわりの品揃えです。とは言っても基本はあくまでもゲーム。単なる知識の詰め込みには終わらない、年齢を超えたコミュニケーションの媒としても役立つものと考えております。

奥野かるた店のこれまで

history of Okuno Karuta Ten

1921年(大正10年)
1921年(大正10年)

「奥野一香商店」として創業

将棋棋士であり駒師の初代 奥野一香(奥野藤五郎)の息子・徳太郎によって、「奥野一香商店」として創業。東京都港区芝田村町に店舗を構える。

※写真は徳太郎の妻・久子

1945年(昭和20年)
1945年(昭和20年)

第二次世界大戦集結

戦災にて一時休業。

1952年(昭和27年)
1952年(昭和27年)

戦後、店舗を再開

3月、東京・神田1丁目67番地、書籍問屋街にて開店。
株式会社奥野商店、設立。
代表取締役に現社長の父、奥野伸夫就任。

※写真は徳太郎

1958年(昭和33年)
1958年(昭和33年)

神保町1丁目39番地(神田村)に移転

(株)トーハンなど、書籍業界を主として営業。

昭和30年代当時、玩具業界は繁盛。奥野商店も錦町に倉庫、世田谷に配送センターを構え、従業員は社員・アルバイトを含め20名ほどが働いていた。

1964年(昭和39年)
1964年(昭和39年)

東京オリンピック開催

1979年(昭和54年)
1979年(昭和54年)

現在の場所へ移転、屋号を「奥野かるた店」に

東京・神田神保町2丁目26(現在の場所)へ移転。一般消費者への販売拡充。
かるた・伝統的な室内遊戯・ゲームを販売する。

1989年(昭和64年/平成元年)
1989年(昭和64年/平成元年)

「漢字博士No.1」発売

漢字博士No.1
1995年(平成7年)
1995年(平成7年)

2階をオープン

珍品を販売するとともに手品・バックギャモン教室を開く。

1997年(平成9年)
1997年(平成9年)

当社ビルを全面改築

店舗1階を和風、2階を洋風の伝統的なアナログゲームの店に。

2002年(平成14年)
2002年(平成14年)

社名を「株式会社奥野かるた店」に

2月、代表取締役会長に奥野伸夫、代表取締役社長に奥野誠子(伸夫長女)就任。
社名を「株式会社奥野商店」から「株式会社奥野かるた店」に改める。

2009年(平成21年)
2009年(平成21年)

「小さなカルタ館」オープン

店舗2階を、ギャラリー「小さなカルタ館」に改装。

2016年(平成28年)
2016年(平成28年)

落語会「神保町かるた亭」開始

2021年(令和3年)
2021年(令和3年)

奥野かるた店 創業100年を迎える

PHOTO GALLERY

フォトギャラリー