※緊急事態宣言発出に伴い、2Fギャラリー展示は中止となりました※
※ご来店を予定されていた皆様申し訳ございません※

 

2Fギャラリー小さなカルタ館で現在開催中の日本人形玩具学会さん主催「千代田の春 江戸東京の正月あそび」展のイベントとして、12月19日(土)ギャラリートークが行われました。

その時説明された品々、解説等を簡単にご紹介します。

 

◆凧(所蔵:林直輝)

凧は室町時代、中国から日本に伝わりました。江戸時代に浮世絵が流行し、美しい絵を空に飛ばせたい人が増えました。絵がよくみえるよう、長方形の凧が誕生しました。本展示では橋本禎造(はしもとていぞう)の作品を中心に紹介しています。

 

◆押絵羽子板(所蔵:林直輝)

押絵羽子板は文化・文政年間(1804~30)、江戸で誕生しました。性質上、江戸時代のものはほとんど残っていないのですが、本展示では貴重な現物を展示。他にも勝文斎(しょうぶんさい)、大和屋吟光(やまとやぎんこう)、吉田永光(よしだえいこう)といった、名工の作品をご覧頂けます。

 

◆馬のあそび(所蔵:葛西好文)

江戸時代の人にとって、馬は身近な生き物でした。子供たちは「春駒(はるこま)」という、馬の頭(作り物)がついた棒に跨って遊びました。明治の児童文学者・巌谷小波(いわやさざなみ)も馬が好きで、春駒の絵も描いており、その作品は本展示で紹介しております。大人が遊んだ玩具に「競馬香(けいばこう)」があります。香木を嗅いで、香りを当てたら1コマ進みます。上賀茂神社のくらべ馬を元にした遊びです。

 

◆百人一首(所蔵:奥野誠子)

江戸時代の百人一首は上の句と下の句で札が分かれていました。明治に入り、読札には上・下両方の句が、取札には下の句のみが書かれるようになりました。また、それまではくずし字で書かれていた文字が、楷書体になりました。これを「標準カルタ」と呼び、現代に至ります。

 

◆正月遊びのミニチュア(所蔵:川内由美子)

17世紀の「正月風俗図屏風復元」に描かれているお正月遊びを、ミニチュアで再現。貝覆いや琴など、当時の楽しい様子が伝わってきます。ミニチュアは雛道具で有名な七澤屋製。昭和期の正月遊びの様子も再現されています。漫画「サザエさん」にもあるように、家族でかるたとりをする時は、一番幼い子がとれる札は、その子のために残しておくのが暗黙のルールでした。

 

◆いろはかるた(所蔵:江橋崇)

いろはかるたは関西発祥の玩具です。それが江戸に伝わり、江戸独自のいろはかるたが誕生しました。
「犬も歩けば棒に当たる」で始まるので、通称「犬棒かるた」と呼ばれます。江戸の商家では子供が4~5歳になると、正月に「犬棒かるた」で遊び、文字教育の初めとしました。
「犬棒かるた」は昭和に入っても親しまれ、童画家・武井武雄も自身の絵を付けた「犬ぼうかるた」を制作しています。

 

◆ゲームカード(所蔵:江橋崇)

ゲームカードは江戸末期に誕生しました。最初は大人が遊ぶものでしたが、明治期に入ると、子どもの遊戯具になりました。英国のカードゲーム「ハッピーファミリー」を日本人向けに作った「家族合わせ」は特に流行しました。

 

「千代田の春 江戸東京の正月あそび」展は2021年1月24日(日)まで開催いたします。年始は1月5日(火)からご覧いただけるので、ぜひ今昔のお正月の違いや変わらない部分を感じてみてください。

—————————————————

■千代田の春 江戸東京の正月あそび

日程:2020年12月4日(金)~2021年1月24日(日)
会場:奥野かるた店2F・ギャラリースペース
開館時間:12:00~17:00
入場料:無料
※毎月第2・第日曜日・毎週月曜日および12月31日~1月4日は休館となります。

主催:日本人形玩具学会

奥野かるた店にお越しいただいた皆様、奥野かるた店の商品をご購入いただいた皆様、今年も大変お世話になりました。
年末年始は下記の営業時間となります。

2020年 12月29日(火) 11時~18時 通常営業
12月30日(水) 11時~16時 ※時短営業
12月31日(木) 冬季休業
2021年 1月 1日(金) 冬季休業
1月 2日(土) 冬季休業
1月 3日(日) 冬季休業
1月 4日(月) 11時~17時半 ※時短営業
1月 5日(火) 11時~18時 通常営業

 

12月31日(木)~1月3日(日)までは冬季休業、
12月30日(水)、1月4日(月)は時短営業となりますのでお気を付けください。

では、皆様よいお年をお迎えください。

『にほんごであそぼ 名台詞かるた』より

 

2Fギャラリースペースにて、展示「千代田の春 江戸東京の正月あそび」を開催しております。
展示の様子を少しご紹介。

 

見事な細密さで作られた、お正月の調度品や遊具のミニチュア。

 

見応えたっぷりの江戸角凧、羽子板の展示も。
江戸時代から伝わる凧あげや羽根つき、かるた取りなど、歴史的価値の高い遊戯具の展示となっています。

正月は元来、物忌みを行い、年神様をお迎えする日。身分の上下も、大人も子どもも分け隔てなく、食べて遊んで、一緒の時間をすごしてきました。本展では、江戸・明治・大正期などで、正月に遊ばれてきた玩具を紹介します。新春ならではの品々をご覧いただき、「お家時間」を過ごすきっかけになりましたら幸いです。

 


 

■千代田の春 江戸東京の正月あそび

※緊急事態宣言発出に伴い、本展示は1月7日(木)をもって終了いたしました※
※ご来店を予定されていた皆様、申し訳ございません※

日程:2020年12月4日(金)~2021年1月24日(日)
会場:奥野かるた店2F・ギャラリースペース
開館時間:12:00~17:00
入場料:無料
※毎月第2・第日曜日・毎週月曜日および12月31日~1月4日は休館となります。

ギャラリートーク

出展者による展示品の詳しい解説を行います。

2020年12月19日(土) 13:30~14:30
先着20名 入場無料
ご予約・お問合せ:080-3356-4423

毎年夏恒例の神保町ヴンダーカンマーも今年で第6回目。
今回は秋に延期となりましたが、おかげさまで無事に開催中です。

特設サイトも設けているので、ぜひこちらもご覧ください。
まずは各ブースをご紹介。

【雨ノ宮一紀さん】
髑髏モチーフのアクセサリーや動物の骨の複製はインパクト大。

 

【荻野慎諧さん】
丹波竜が産出した地層を砕いた釉薬でできた丹波竜焼や研究されている妖怪についての書籍など!

 

【小田隆さん】
主催者のお一人でチラシにも採用している作品のクリアファイルやポストカードは大人気。ヴェロキラプトルのTシャツやバッグも充実。


神保町ヴンダーカンマー

 

【科学バーさん】
2020年度日本進化学会・教育啓発賞受賞した「系統樹マンダラ」や畠山泰英さん編集の書籍など!

 

【SKURANGERさん】
インパクト大なシルバーアクセサリー!今年もガラスの目玉セールやってます。

【はくラボさん】
色んなものが目移りするはくラボさんコーナー!『町中のコケ基本50種』は人気です。

 

【久正人さん】
アマビエのTシャツやトートバッグは今年ならでは!

 

【ほねばたけさん センバエミカさん/へたかさん】

センバエミカさんのドングリワッペンがかわいい。

へたかさんの恐竜ポストカードや銅版画は目を引きます。

【山崎りょうさん】
今回初参加の山崎りょうさんは、雨ノ宮一紀さんとZRAMEとして活動されています。思わず触りたくなる立体作品の数々。
※お手は触れないでください

 

【路上博物館さん】
博物館の標本をスキャンした3Dデータから作った3Dプリントレプリカ。

【Leben Laborさん 六宮/いっちゃん/ナエ/キム/かぷ×2】
深海生物シールがPOPでかわいい六宮さん

かわいい花の妖精のカレンダーが印象的ないっちゃんさんブース

 

ふわふわハムスターがかわいいキムさんと、かっこいいキツネ/かわいいキツネのキツネの2面性をたのしめるナエさんのブース

POPでかわいい深海生物のぽシールのかぷ×2さんブース

 

【~travelling museum~博物倶楽部さん】
会場の上を見上げてみると…!博物倶楽部さん作のいろんな生き物たちをお楽しみいただけます。

 

会期終了までのこりわずかですが、どうぞお見逃しなく!

 

【第6回神保町ヴンダーカンマー】

20201年11月1日(日)~23日(月・祝)
平日・土 12:00~18:00
日・祝     12:00~17:00

事前予約制(入場料500円)

ご予約はこちらから → 【予約】

11月10日(火)今年最後の落語会も無事に終わりました。
この日は春風亭昇也さん、ゲストに春風亭昇りんさんをお招きした兄弟会となりました。


 

まずは社長・奥野誠子よりご挨拶。

次に司会の演芸評論家・長井好弘さんのよりお話。

今回はおすすめの書籍三冊をご紹介いただきました。

  • 神田松鯉さん著『人生を豊かにしたい人のための講談』(マイナビ出版)
  • 小佐田定雄さん著『新作落語の舞台裏』(ちくま新書)
  • M W クレイヴンさん著『ストーンサークルの殺人』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

長井さんのお話を伺うとどれも読みたくなります。

 

春風亭昇りんさん

春風亭昇也さん

演目はこちらでした。
春風亭昇りんさん「修学旅行の夜に」
春風亭昇也さん「子別れ」

 

今回もたくさんのお客様にお越しいただきました。
ありがとうございます。

次回は2021年1月14日(木)18時半~ゲストは三遊亭花金さんでお送りします。
12月はお休みして年明けとなりますのでご注意ください。

チケット発売中ですので、お気軽にお問い合わせください。

【第41回 神保町かるた亭】
開催:2021年1月14日(木) 18:00開場 / 18:30開演
出演:春風亭昇也 / 三遊亭花金
司会:長井好弘(演芸評論家)
木戸銭:一律1,200円
※ポイント制を導入しました。5回お越し頂くと、1回招待券をお配りいたします。

【問い合わせ】
長井さんの落語に関するお話も楽しい落語会です。
ぜひ、お問合せ下さい。

    フォーム送信後、確認の自動返信メールが届きます。
    メールが届かず、正常に作動しない場合は、以下よりご連絡ください。
    TEL:03-3264-8031
    FAX:03-3230-1512
    メール:toiawase@okunokaruta.com